電話加入権が安く買えるヒミツとは

電話加入権が安く買えるヒミツとは

では何故、電話加入権が東西NTTへ申し込んだ場合と違い、格安で取得できるのでしょうか。
それは複雑な経路によるものや、いわく付きのものではないかと心配する方も多いのではないでしょうか。

その答えは明快です。
その理由とはこのような専門店からの購入による電話加入権が中古だからです。
中古だからといっても、電化製品や車のような物ではありませんよね。これは固定電話を契約する際の権利ですから、中古といっても何ら問題のないものなんです。
中古ですから、前の持ち主が、電話料金の不払いなどで債権(未納料金)が残っている電話加入権だと問題ですが、その様な電話加入権ではないからです。
前の利用者が未納料金がない、完済している電話加入権であるものしか取り扱っていないので安心です。
ですので、中古の電話加入権を購入することで安くなるのがそのヒミツなんですね。
ということは、この電話加入権を購入する場合、中古ですから車などと同様、前の持ち主からの譲渡手続き(名義変更)が必要となります。
その際の譲渡手数料は840円となります。
ですので、その譲渡手数料を含めても6,000円前後という費用で電話加入権を取得できるのですから、とても利用価値の高いものとなっています。

しかも電話加入権の名義変更、電話番号の取得手続き、開通工事の手配まで、一手に引き受けてくれるので、このような電話加入権専門店を利用しない手はないと思います。
この電話加入権専門店の専用サイトがあるのでアクセスしてみる価値はあります。

    Copyright(C) 電話加入権の今と今後 All Rights Reserved.