固定電話は消えてしまう?

固定電話は消えてしまう?

固定電話の役割は実際になくなったのでしょうか。
ある調査機関が10代から60代の男女1,631人に行ったアンケート調査では、固定電話を持っていないことに不自由も支障も感じていない人が84%に上り、その必要性を感じていない結果が出ています。確かに携帯電話があれば、自分宛の電話だと分かり、固定電話のようにわざわざ取り次ぐ手間もなく、特に若い人たちにとっては当たり前のことかもしれませんね。それを裏付けるように20代の40%、30代の35%の人たちが自宅に固定電話を持っていないと、他の年代に比べ一番多くの比率での回答があったそうです。
確かに電話をかけるとなると、自分の携帯電話からかける人が多いのが今の現実でしょうね。

しかしながら、同じ調査機関が20代から60代の男女に対し、固定電話の利用の有無や利用目的に関して調査をした結果も見逃せません。
その結果、約85%の人が何らかの固定電話を利用していると回答しているのです。60代は97%が固定電話を利用しており、携帯電話がなかった世代の人たちは固定電話の習慣があることを窺わせています。逆に20代は60%程度と下がり、この年代は携帯世代になっています。また、40代以上になると固定電話の利用率が上がるというデータになっています。
特に注目したいのが、固定電話の必要性について約50%の人が「必要だと思う」と答えており、「不要と思う」の25%の倍という回答が寄せられています。
このようにまだまだ固定電話の必要性があることも分かってきました。
それによって、新しく固定電話が必要とされ、電話加入権を求め、それをお得に提供する電話加入権専門店のサイトが人気を集めているようです。

    Copyright(C) 電話加入権の今と今後 All Rights Reserved.