固定電話の利用法は

固定電話の利用法は

このアンケート調査にあったように、まだまだ固定電話の必要性があるということも分かったのですが、どのような使い方をしているのでしょうか?
まず、今までの使い方の主流である電話をかけることです。
パーソナルな使い方であれば、携帯電話の方が確かに便利です。個人対個人の繋がりにはもってこいのコミュニケーションツールですね。直接その人に繋がるというのは煩わしさもなくとても魅力の一つです。
これが組織対組織、家族対家族のような繋がりだとどうでしょう? いくらその範疇にある個人の携帯電話番号を知っているにせよ直接かけるのはちょっと抵抗がありますよね。例えば何かのお祝いなどでお届け物をいただいた場合の御礼の電話など、その対象が複数の場合、常識的にその家族に対して連絡を取ろうとします。ですから固定電話にかけるのが相手に対しての礼儀というかやはり、常識のようですね。

それからFAXもまだまだその利用価値があり、固定電話の回線でやりとりをしています。パソコンのメールを導入されていない方には、その通信手段としてFAXの役割は大きいものがあります。
年配の方などは、特にその傾向があるので、FAXでの送受信の需要があるのも実態です。

そして、インターネット通信として固定電話回線を利用されている方もその必要性は不可欠です。
最近は光ファイバーを利用した光通信によるインターネット通信が増えていますが、そのサービスエリアや、リーズナブルな料金を考えると、固定電話回線によるインターネット利用者は多いようです。

このように電話加入権を購入し、電話の使用頻度は少なくなったものの、FAXなど他に利用する価値がある固定電話回線は今後もその必要性があるようですね。

    Copyright(C) 電話加入権の今と今後 All Rights Reserved.