電話加入権を取得する方法は

電話加入権を取得する方法は

電話加入権は、固定電話を新しく導入する場合、電話加入権という固定電話を契約する際の権利が必要となります。この権利は、施設設置負担金という名目の権利金になります。
この施設設置負担金は現在37,800円となっており、各東西NTTへ申し込んだ場合、この費用が必要となります。
通常は、この方法で申込みができるのですが、よりお得に導入するための方法があるのです。
これは電話加入権専門店が自社で保有している電話加入権を割安な価格で販売しているのです。

その電話加入権の取得方法は2通りあり、それによって料金が違ってきます。
まず一つ目は電話加入権を第三者から買い取った電話加入権専門店が名義変更の手続きを経て低額で購入する方法です。固定電話を新しく導入する方は、電話加入権の名義変更→電話番号の取得手続き→開通工事の手配という流れに沿って電話加入権専門店のサポートを受け、電話加入権を取得します。

次に、休止している番号を希望して取得されたい場合に電話加入権を得る方法です。
この方法は、休止番号からの取得方法になるので、開通手続きは、お客様ご自身でNTT局番なしの116に電話してから取得することになります。もちろんそのサポートは電話加入権専門店が行います。
休止している電話番号がとても魅力ある番号でその番号にしたい方や、設置場所が未確定な方はこちらの取得方法がおすすめです。
これらの方法だと、通常37,800円の電話加入権が譲渡手数料も含め、実質5,000円前後で取得できるので、かなりの経費節減に繋がります。

新婚家庭をスタートするなど、これから新生活をはじめる方や、新規出店をされる個人オーナーの方、また事務所を新設される方など、電話加入権と固定電話が必要な場合はこのような専門店を利用される方が便利でお得です。

    Copyright(C) 電話加入権の今と今後 All Rights Reserved.