電話加入権の今と今後 TOP

このサイトについて

連絡の手段を紐解いてみると、電話が各家庭になかった頃は手紙を使った郵便にて相手へ連絡を取っていました。緊急の場合は、電報という手段にて急を知らせていました。
それから固定電話が各家庭へ普及してからは、お互い密な連絡が取れるようになりました。
ただ、相手が不在の時は、それを知らせる方法がなく、時間が経ってからようやく知らせが届くといったこともありました。それを解消したのが携帯電話です。携帯電話は各個人が持つことで、よりパーソナルでの通信手段となり、いつどこにいても連絡が取れるというメリットが生まれ、今ではなくてはならない通信アイテムとなりました。
ということは、もう固定電話は必要なくなったのでしょうか?
確かに固定電話必要の是非は叫ばれているようです。携帯電話の普及により、公衆電話なども減ってきているようです。今では、公衆電話を探すのに逆に大変だったりしていますよね。

でもまだまだ固定電話の必要性はあるようです。業務用はもちろん、家庭用としてもその存在価値は改めて見直されてもいるようです。
その固定電話を新しく導入する場合、電話加入権という固定電話を契約する際の権利が必要となります。
この電話加入権は施設設置負担金という名目の権利金が必要となります。
2005年に電話加入権の改訂が行われ、それまで72,000円だったものが37,800円と大幅に引き下げられました。
実はこの電話加入権、もっとお得に導入できる方法があり、その様な情報を案内しているウェブサイトがあります。http://denwa-ok.com/
新たに営業を開始する自営業の方など、利用される会社や個人の需要がある固定電話の加入権を賢く利用するサイトとしてその役割を果たしています。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    電話番号が選べて、すぐに取得できるソフトバンクの固定電話を考えているなら、今までの電話番号もそのまま使えて電話加入権の必要も無いのでオススメです。
    余った無料通話は分け合えて、社外通話も10%~30%割引されるホワイト法人を考えているなら、ビジネスグループ内への通話料金が無料になるので、社内のコスト削減に繋がりオススメです。
    通話料金着信人払いサービスの料金が割引きになるフリーコールスーパーを考えているなら、ニーズに合わせてシステム化できる豊富な高機能サービスにより、お客様に密着した2ウェイコミュニケーションを実現出来るのでオススメです。
    電話回線、ビジネスフォン、PHSを駆使した転送電話サービスなら、外出先の携帯電話や公衆電話などから固定番号の番号通知ができるため信用度の向上につながります。またフリーダイヤルを通知することもできるので、都内に限らず各都道府県で利用できます。
    Copyright(C) 電話加入権の今と今後 All Rights Reserved.